高すぎ?SIMフリー版AQUOS sense3 plusの価格比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日発表されたAQUOS sense3 plusのSIMフリー版、SH-M11。

すでにキャリア版はauや楽天モバイルからリリース済みの同機種ですが、SD-M11はデュアルSIMでDSDV対応、さらにストレージ容量が128GBなど、細かな違いがあります。
(キャリア版もソフトバンク版は128GBです)

一方で、このsense3 plusはキャリアやMVNOによって結構大きな価格差がある模様。

という訳で今回はキャリア版、MVNO版、そして大手量販店での単体購入の際の価格比較をしてみます。

AQUOS sense3 plus、キャリア版、MVNO版、SIMフリー版の違い・価格比較一覧

SIMロックSIMカラーストレージ価格(税込)
au (SHV46)シングルSIM・クラッシーブルー
・ホワイト
64GB46,080円
ソフトバンクシングルSIM・ムーンブルー
・ブラック
・ホワイト
・ピンク
128GB56,880円
トクするサポート利用時:28,440円
ただし、プログラム料24か月分、9,360円が別途必要
楽天モバイルなしシングルSIM・ムーンブルー
・ブラック
・ホワイト
64GB44,800円(新規・通話SIM)
48,800円(新規・データSIM)
goo simsellerなしデュアルSIM
DSDV
・ムーンブルー
・ブラック
・ホワイト
128GB1/24まで:39,380円
定価:44,000円
ヤマダ電機なしデュアルSIM
DSDV
・ムーンブルー
・ブラック
・ホワイト
128GB64,680円
ポイント10%還元
ヨドバシなしデュアルSIM
DSDV
・ムーンブルー
・ブラック
・ホワイト
128GB64,680円
ポイント10%還元

 

端末単体購入価格、64,680円はちょっと高すぎるような・・・

やはり、無印のAQUOS sense3同様、simsellerが128GBでデュアルSIM&DSDVで一番お得かな、という感じです。

なお、SIMフリー版のAQUOS sense3 plusを取り扱うMVNOはこれ以外にも出てくると思うので、価格が判明次第、この記事も更新していきます。

「最廉価版」なのに6GB/8GB RAM & 128GBストレージ搭載、Galaxy A01が静かに発表

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。