【2020年版】評価・評判の悪いスマホランキング(カテゴリー別)

スポンサーリンク

2020年もあと数日。

ここ数年、スマートフォンも進化のペースは確実に鈍化してきており、これはある意味スマートフォン産業が成熟期に入ったともいえると思われます。
そのためか最近では特に「ヒドい機種」というのはなくなりつつあります。

ただ、そんな時だからこそ、スマートフォンは何か特別な優れた点で決めるよりも、欠点が少ない機種を選ぶ、というのも一つの方法だと思います。

というわけで、今回はそんな「消去法」でのスマホ選びに役立つと思われる2020年の評判の悪いスマートフォンを項目別でランキングにしたいと思います。

2020年評判の悪いスマホランキング

データの参照元は12月27日時点での価格.comの満足度ランキングで5点満点中の評価、項目は:

  • 満足度(総合)
  • デザイン
  • 持ち歩きやすさ(携帯性)
  • レスポンス(動きの軽快さ)
  • 画面表示(ディスプレイの綺麗さ)
  • バッテリー(電池持ち)
  • カメラ(動画・静止画の画質)

これらを評価の最も低い10機種をランキングにします。
なお、対象機種は過去1年以内にリリースされたもの。
そして評価者が10人未満のものは統計的に誤差が大きすぎるので除外します。
また、キャリアやSIMフリー版などで機種が被っている場合は低い方の評価を優先しています。

デザイン評価の低いスマホランキング

平均:4.33

  • ワースト10位:Redmi Note 9S (4.04)
  • ワースト9位:AQUOS sense4 (4.04)
  • ワースト8位:arrows RX (3.98)
  • ワースト7位:Galaxy A7 (3.91)
  • ワースト6位:AQUOS sense3 lite (3.84)
  • ワースト5位:LG V60 ThinQ 5G L-51A (3.77)
  • ワースト4位:AQUOS zero2 (3.69)
  • ワースト3位:Galaxy A51 5G SC-54A docomo (3.66)
  • ワースト2位:LG style3 L-41A docomo (3.61)
  • ワースト1位:AQUOS R5G (3.56)

デザイン評価はあくまで主観的なものなので気にする方は少ないと思います。
また、各機種のポイント差も小さく、ある意味誤差の範囲といった感じでしょうか。

ただ、それでもAQUOSスマホが4/10を占めている、というのは無視できない事実でこれについてはちょっとシャープも真剣に受け取った方が良いような気はします。

携帯性評価の低いスマホランキング

平均:3.97

  • ワースト10位:moto g8 plus (3.41)
  • ワースト9位:moto g8 power (3.31)
  • ワースト8位:iPhone 12 Pro Max (3.29)
  • ワースト7位:Galaxy A51 5G (3.21)
  • ワースト6位:Galaxy Note20 Ultra 5G (3.07)
  • ワースト5位:Xiaomi Mi Note 10 Lite (3.05)
  • ワースト4位:OPPO A5 2020 (2.87)
  • ワースト3位:Redmi Note 9S (2.63)
  • ワースト2位:AQUOS R5G (2.59)
  • ワースト1位:LG V60 ThinQ 5G (2.18)

LG V60 ThinQ 5Gがダントツの携帯性の悪さですが、これはおそらく二画面スマホゆえなので、ちょっと同列に評価するのはフェアではないかも。

それにしてもAQUOS R5Gは上のデザイン評価と言い、評判がよろしくないですね。

レスポンス・動作評価の悪いスマホランキング

平均:4.07

  • ワースト10位:Xiaomi Mi Note 10 Lite (3.62)
  • ワースト9位:OPPO Reno3 A (3.57)
  • ワースト8位:Xperia 10 II (3.53)
  • ワースト7位:Rakuten Mini (3.48)
  • ワースト6位:AQUOS sense3 lite (3.33)
  • ワースト5位:Galaxy A7 (3.33)
  • ワースト4位:AQUOS R5G (3.20)
  • ワースト3位:arrows RX (3.10)
  • ワースト2位:Galaxy A41 (2.64)
  • ワースト1位:arrows Be4 F-41A (2.62)

レスポンスは実使用での動作のスムースさで、スマホの性能そのものを表すと言っても過言ではないのでかなり重要。

これについてはやはりミッドレンジモデルがほとんどを占めており、その中でもCPU性能がかなり反映されているという感じです。

ただ、そんな中でもまたAQUOS R5Gが不名誉なランクインをしているのが気になります。
これはもちろん、SD865を搭載したモデルとしてはレスポンスが悪い、という事だとは思いますが、それにしてもこれはちょっとサプライズですね。

ディスプレイ評価の低いスマホランキング

平均:4.33

  • ワースト10位:iPhone SE (第2世代) (4.01)
  • ワースト9位:Galaxy A7 (4.00)
  • ワースト8位:AQUOS sense3 lite (3.96)
  • ワースト7位:Galaxy A51 5G (3.96)
  • ワースト6位:AQUOS R5G (3.95)
  • ワースト5位:LG V60 ThinQ 5G (3.87)
  • ワースト4位:AQUOS zero2 (3.83)
  • ワースト3位:Galaxy A41 (3.81)
  • ワースト2位:arrows RX (3,65)
  • ワースト1位:Rakuten Mini (3.41)

こちらもある程度価格と比例すると言った感じ。
それでもやはりAQUOS R5Gがランクインをしているのが気になります。
また、ミッドレンジ「扱い」とは言え、iPhone SEの画面評価が意外と低いのもちょっとしたサプライズと言った感じです。

バッテリー持ち評価の低いスマホランキング

平均:3.79

  • ワースト10位:Galaxy A7 (3.52)
  • ワースト9位:Galaxy Note20 Ultra 5G (3.40)
  • ワースト8位:arrows RX (3.26)
  • ワースト7位:Galaxy S10 (3.24)
  • ワースト6位:Galaxy S20 5G (3.21)
  • ワースト5位:iPhone 12 mini (3.04)
  • ワースト4位:AQUOS R5G (3.00)
  • ワースト3位:arrows Be4 F-41A (2.92)
  • ワースト2位:Rakuten Mini (2.50)
  • ワースト1位:AQUOS zero2 (2.05)

ダントツの電池持ちの悪さなのはAQUOS zero2。これはここ以外でも様々なところで見られる評価です。

また、ちょっと気になるのはGalaxyハイエンドが3機種もランクインしていると言う点。Galaxy S20は比較的バッテリー容量が少ないのでまだ分かるのですが、Galaxy Note 20 Ultraも、というのはちょっと意外です。

カメラ評価の低いスマホランキング

平均:3.84

  • ワースト10位:AQUOS sense3 plus (3.41)
  • ワースト9位:LG style3 L-41A (3.40)
  • ワースト8位:arrows RX (3.40)
  • ワースト7位:Galaxy A41 (3.33)
  • ワースト6位:arrows Be4 F-41A (3.21)
  • ワースト5位:AQUOS sense3 lite (3.18)
  • ワースト4位:AQUOS R5G (3.09)
  • ワースト3位:Rakuten Mini (2.95)
  • ワースト2位:AQUOS zero2 (2.51)
  • ワースト1位:Xperia 10 II (2.44)

ミッドレンジとは言えXperia 10 IIがワースト1というのはちょっとショックかもしれませんが、最近のXperia全体のカメラ評価からするとあり得ないとも言えません。

また、ここでも唯一SD865搭載機としてAQUOS R5Gがランクインしています。

満足度(総合)の低いスマホランキング

平均:4.05

  • ワースト10位:Rakuten Mini (3.63)
  • ワースト9位:Galaxy A7 (3.53)
  • ワースト8位:Xperia 10 II (3.47)
  • ワースト7位:LG V60 ThinQ 5G (3.47)
  • ワースト6位:AQUOS sense3 lite (3.45)
  • ワースト5位:arrows Be4 F-41A (3.34)
  • ワースト4位:Galaxy A41 (3.14)
  • ワースト3位:AQUOS zero2 (3.02)
  • ワースト2位:arrows RX (3.00)
  • ワースト1位:AQUOS R5G (2.99)

評判の悪いスマホ機種のまとめ

価格.comの評価については一部では信頼性に乏しいといった意見があるのも事実です。

ただ、個人的にはある程度評価数のあるものに関しては統計的には十分有効で、少なくとも一つの参考値にはなると思います。また、複数の項目で何度も低評価ランキングにランクインする、というのはやはり何らかの問題のある機種、と言わざる得ません。

今回の結果らすると全体的に避けた方が良いのはsenseシリーズ以外のAQUOS、といった感じ。
また、カメラ重視なら避けた方が良いのはXperia 10 II

一方、「この低評価ランキング」に一度もランクインしていない機種として挙げておきたいのはXperia 1 IIとXperia 5 II、Galaxy 20+、Pixel 4a/4a 5G/5など。

「完璧なスマホ」というのはないとは思いますがここにランクインしていないモデルについては安心して購入できるモデルと言えそうです。

5G対応Androidスマホで電池持ちが悪い時の対処法、通信速度もアップするかも
国内では「5G元年」となった2020年。ハイエンドスマホは全モデル、ミッドレンジモデルでもかなりの割合で5G対応モデルがリリースされました。一方ここ最近、国内外のネット上の情報を見ていると、5G対応スマートフォンでの原因不明のバッテリー消費

コメント

  1. 名無し より:

    全項目コンプリートのAQUOSは兎も角ほぼ全てにARROWSが入ってるのは最高に草やろ

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。