クアルコム、来年第1四半期に5G対応Snapdragon 400番台チップをリリース

今年は非常に地味なイベントとなっているIFA 2020。

参加企業も例年よりかなり少ないようですが、そんな中でクアルコムが新型チップの予告をしたようです。

GSMArenaが伝えたもので、これによるとQualcommは2020年第1四半期に5G通信に対応したSnapdragon 400番台のチップをリリースするとのこと。

現在のところ、同社の5G通信対応チップで最もティアの低いものは同社が先日発表したSnapdragon 690となっています。

同チップは今年後半から来年にかけてリリースされるミッドレンジモデルに幅広く採用されそうです。

一方、来年の第2四半期くらいからはこのSD4XXを搭載したローミッドレンジやローエンドモデルがリリース、一気に5G対応機種が増えそうです。