Galaxy Note 20 Ultra、S20 Ultraよりバッテリー容量は少なくとも電池持ちは「同等」

サムスンの最新フラッグシップ、Galaxy Note 20シリーズ

この上位モデルとなる、Galaxy Note 20 Ultraについては国内でもドコモ(SC-53A)、au(SCG06)、そしておそらく楽天モバイルからもリリース予定となっています。

そして今回、GSMArenaがこのGalaxy Note 20 Ultraのレビュー記事を公開、その中に気になるバッテリー持ち情報も掲載されていました。

1080p @ アダプティブ・リフレッシュレートでの電池持ち↓

アダプティブ・リフレッシュレートとは今回のNote 20 Ultraで新搭載された機能で、表示されるコンテンツによって画面のリフレッシュレートが10Hz~120Hzまで変動する、というもの。

ゲームや動画などでは高リフレッシュレートで、静止画やウェブ閲覧時などは比較的低リフレッシュレートとなることで、無駄なバッテリー消費を減らすという技術のようです。

1080p @60Hzでの電池持ち↓

1440p @60Hzでの電池持ち↓

アダプティブ・リフレッシュレートを使用したもやはり60Hz表示と比べるとだいぶバッテリー持ちに差がある、という印象です。

ちなみにこのGalaxy Note 20 UltraとS20 Ultraは同じ6.9インチでスクリーン解像度も同じですが、バッテリー容量はNote 20 Ultraが4500mAhに対しS20 Ultraは5000mAhと、約1割の差があります。

そのため、Note 20 Ultraについてはバッテリー持ちに対する懸念の声が一部で上がっているのも事実。

というわけで、Galaxy S20 Ultraのバッテリー持ちを見てみると:

1080p @ 120Hzでの電池持ち↓

1440p @ 60Hzでの電池持ち↓

Galaxy Note 20 Ultraでのアダプティブ・リフレッシュレート使用時とGalaxy S20 Ultraでの120Hz表示のバッテリー持ちがほぼ同じ、ということに。

バッテリー容量の差を考えるとこれはひとえにアダプティブ・リフレッシュレートの効果、といって良いのではないでしょうか。

また、まったく同じ条件、1140@60Hzでの電池持ちも両者ほとんど変わらず(96h vs 97h)となっています。

よって、全体的にみてGalaxy Note 20 Ultraのバッテリー持ちはS20 Ultraと同程度とみてよさそうです。

おすすめ記事:

ASUS Zenfone 7/7 Proの価格が判明、SD865搭載機では最安値圏のハイエンドに?