Huawei P30 Proに「New Edition」、Googleアプリ・サービス利用可能なアップグレード版か

ファーウェイの昨年のフラッグシップ、Huawei P30 Pro。

同モデルに「New Edition」が存在することが判明した模様です。

GSMArenaがファーウェイ・ドイツの公式サイト上で発見したもの。

これはP30シリーズのプロモーションページにある利用規約の一部で、その中に「P30 Pro NEW EDITION」という記載が複数確認されています。

なお、ヨーロッパの一部ではすでに廉価版のHuawei P30 LiteのNew Editionもリリース済で、このパターンからするとこのP30 Pro New EditionはP30 Proのメモリやストレージなどをアップグレードしたバージョン、ということになりそう。

ご存知のように、ファーウェイ製スマートフォンは現在、米政府による禁輸措置によりGoogleライセンスを受けることができず、Googleサービスやアプリ、Playストアを搭載できません。

ただ、禁輸措置が施行される昨年の6月以前に正式発表された機種に関してはGoogleライセンスの取得が可能であるため、同社は昨年6月以降もいくつかの機種をアップグレード版という形でリリースしています。

ちなみに昨年のHuawei P30シリーズ、ドコモがリリース延期の末にリリースしたP30 Proはかなり売れ行きが悪かったようですが、SIMフリーの廉価版、P30 Liteの方はなんだかんだ言ってAndroidの売上ランキングは上位をキープしています。

おすすめ記事:

新型LGスマホ、「LG VELVET」の実機ハンズオン画像がリーク