IFA発表の新型Xperiaは「Xperia 3」と「Xperia 5」か、ティザー動画で「手のひらに収まる小型Xperia」を強調

IFA 2019で発表される最新Xperiaモデル。

国内でもキャリアの秋冬モデル、そしてひょっとするとSIMフリー機種として発売される可能性もあるようで、かなり注目度が高まってきているという印象。

一方、「Xperia 2」という仮の機種名で呼ばれているこの次期Xperiaですが、実際にこれが正式な機種名となる可能性はかなり低そうです。

そんな中、ソニーモバイルがこの新型Xperiaに関する公式ティザー動画を投稿していました。

ソニーがIFA発表のXperiaモデルについて公式に触れるのはこれが初めて。

”Xperia in the palm of your hand”、つまり「手のひらに収まるサイズのXperia」という意味合いになると思います。

ただ、これがすでにリーク済みのXperia 2だとするとちょっとしっくりこない点も。

確かにすでにレンダリング画像がリーク済の「Xperia 2」こと新型Xperiaフラッグシップはサイズが158×68.3×8.3mmと、Xperia 1の167x72x8.2mmと比べる小型化はされますが、それでも「コンパクト」と呼ぶにはまだちょっと大きすぎるような気もします。

ちなみにここ最近で一番新しいコンパクトモデル、Xperia XZ2 Compactのサイズは135 x 65 x 12.1 mm、その前のXperia XZ1 Compactは129 x 65 x 9.3 mm、さらにその前のXperia Z5 Compactは127 x 65 x 8.9 mmと高さや厚みにバラつきはありますが、横幅は65mmで共通。

そう考えるとこのティザー動画のモデルがコンパクトシリーズに属するというのはちょっと無理があるような気もします。

ただ、いずれにせよ「小型Xperia」であることを強調したモデルであることは確かなようですね。

一方、個人的にこれより気になるのは最初の指による5、4、3、2、1のカウントダウンシーン

IFA 2019でのソニーの発表会までの日数かとも思ったのですが、それだとあと2日、もしくは3日。

発表会自体は9月5日でその「5」かとも思ったのですが、それだとカウントダウンの意味がないような気がします。

となると、ひょっとしてこの新型モデルの機種名がXperia 5になる、という可能性があるのではないでしょうか。

プレミアムモデルがXperia 1、ミッドレンジがXperia 10と来ているので、レギュラーフラッグシップはXperia 5というのは納得できるような。

ただ、これは単なる私の精度の低い推測にすぎませんので外れてもどうかいじめないようにお願いします。

追記:

そういえば、数日間、そして先ほどZackbucks氏が以下のような投稿をしていました。

明らかにカウントダウンの画像ですがなぜか「4」はありません。

ひょっとしてこれ、カウントダウンにかけた機種名のティザーなんてことはないでしょうか。

となると、IFA 2019発表の新型Xperiaモデルは2機種、Xperia 3とXperia 5なんてことも?