auの2019秋冬モデル、Galaxyは最低2機種リリース、Galaxy Note 10シリーズ1モデルとミッドレンジ機種

10月初旬~中旬の発表が期待されているauの2019年秋冬新作(冬春モデル)。

例年通りならばフラッグシップXperiaやGalaxy Noteなど、少なくともハイエンド機種が2~3モデルリリースとなるはずです。

そんな中、このauの秋冬モデルの新作ラインナップの第一弾としてGalaxyモデルの存在が明らかになりました。

WiFiアライアンスの認証通過をしていたもので、SCV46。auの未発表モデルであることは間違いありません。

機種名は不明ですが、同時に認証を受けた海外版と思われる機種の型番からするとGalaxy M30sあるいはGalaxy A70sをベースにしたミッドレンジという可能性が高そう。

ちなみに既存のau版Galaxyとしては、SCV41がGalaxy S10、SCV42がGalaxy S10+、SCV43がGalaxy A30なので、今回のSCV46との間にはSCV44、SCV45が存在、ということに。

ただ、SCV44は夏モデルとして発表されるはずだったものの結局発売延期となったGalaxy Foldのものでほぼ確実。よって、この型番は事実上存在しないとみてよいでしょう。

となると、残るはSOV45とSOV46という事になり、SOV46がミッドレンジならばSOV45はGalaxy Note 10もしくはNote 10+

そしてこれら2モデルがauの2019年秋冬モデルとしてリリースされる新型Galaxyモデル、ということに。

ちなみにドコモの秋冬(冬春)モデルとしてはすでにGalaxy Note 10に該当するSC-01MとおそらくGalaxy Feel 3になると思われる3GB RAM搭載のエントリー/ミッドレンジ、SC-02Mが発見されています

Galaxy Note 10+ですが、ミッドレンジのSC-02Mの型番を挟んでSC-03Mとなることは考えにくいので、ドコモ秋冬新作のGalaxy Noteシリーズは無印のNote 10のみ、という事になると思われます。

ちなみにライバル機となるであろうXperiaの新型モデルですが、今のところはXperia 2こと新型フラッグシップモデルとXperia 20ことミッドレンジXperiaがauやドコモの秋冬モデルとして発売される可能性が高いようです。