Galaxy S22 Ultraは連続光学ズームを搭載、画面下カメラも!-有名リーカー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの最新Galaxy、と言えば、国内ではつい最近Galaxy S21、S21+、S21 Ultraの3モデルがドコモとauからリリースされたばかり。

しかし海外ではすでに次世代モデル、Galaxy S22シリーズへの注目が集まりつつあり、すでにいくつかの情報も出てきている模様です。

そんな中、サムスン関連のリーク情報で知られる有名リーカー、Ice Universe氏がこのGalaxy S22シリーズの上位モデル、Galaxy S22 Ultraのスペックに関する興味深い新情報をリークしていました。

これによると、Galaxy S22 Ultraには、連続ズームが可能な改良型ペリスコープカメラが搭載されるとのことです。

Galaxy S21 Ultraに搭載されている現在のペリスコープズームユニットは、レンズ固定型。そのため、ペリスコープカメラが作動する前のズーム撮影では、プライマリカメラから切り出した画像を使用するか、別の中間的なズームレンズ(2倍または3倍)を使用する必要があります。
このため、非ネイティブなズームレベルでは画質が低下するという欠点があります。

一方、今回の上によるとGalaxy S22 Ultraにはサムスン・エレクトロメカニクス社とサムスンLSI社が開発した連続光学ズームのペリスコープ型カメラが搭載されるとのこと。

この新しいペリスコープユニット内のレンズ(またはエレメント)は、自由に動くことができ(3倍から10倍まで)、すべての拡大レベルで完璧な光学的シャープネスとディテールを提供することが可能になるとのこと。

この技術は、デジタルカメラや一眼レフカメラと同様のものとのことです。

一方、ソニーXperia 1 IIIの潜望鏡ズームカメラも同様のソリューションを採用していますが、ネイティブの倍率は2段階(3倍と4.4倍)しかありません。

また、今回の上によると、このGalaxy S22 Ultraでは画面下フロントカメラも実装される、とのこと。

Galaxyに画面下フロントカメラが採用される、というのは2世代くらい前から何度も噂には上がっていますが、結局実装までは至っていません。

が、今回はかなり明確に言及されているので、次世代Galaxy Sではいよいよ、ということになりそうです。

ソース

Pixel 6にGoogle自社製チップ「Whitechapel」が搭載される新たな「証拠」が発見の模様
Googleの2021年次世代Pixelと言えば、Pixel 6 (シリーズ)。そして同社は昨年より自社製チップを開発しているとの情報が異なるソースより何度かでてきています。そして今回、この「Google製チップ」がPixel 6に搭載され

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。