Galaxy S22シリーズは小型化、3モデルの画面サイズがリーク。UltraのみがLTPO採用か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの次期Galaxyフラッグシップ、と言えば、Galaxy Z Fold 3やZ Flip 3といったフォルダブルが注目されていますが、従来型のモデルではどうやら今年はGalaxy Noteのリリースがなさそう。

そんな中、2022年の次世代Galaxyフラッグシップ、Galaxy S22シリーズのディスプレイに関する情報がリークされていました。

GIZMOCHINAがTwitter上の有名リーカーからの情報として伝えたもので、これによると、Galaxy S22、S22+、S22 Ultraのそれぞれのスクリーンサイズは以下のようになるとのこと。

  • Galaxy S22: 6.06~6.10インチ
  • Galaxy S22+: 6.55~6.66インチ
  • Galaxy S22 Ultra: 6.80~6.81インチ

ちなみに、Galaxy S21シリーズのディスプレイサイズはGalaxy S21が6.2インチ、Galaxy S21+が6.7インチ、Galaxy S21 Ultraが6.8インチなので、次世代モデルでは「Ultra」以外は一回りディスプレイそしておそらく端末サイズが小型化する、ということになります。

そういえば、今年はASUSも無印のASUS Zenfone 8を5.9インチに小型化しています。
ひょっとすると、来年あたりは全体的にスマートフォンの画面サイズが若干小型化する、と言う傾向が見られるのかもしれません。

なお、今回の情報によると、S22シリーズではGalaxy S22 UltraだけがLTPOディスプレイを搭載する、とのこと。

LTPO(低温多結晶シリコン)はリーク電力が少なく省電力性能に優れていると言われており、2021年のiPhone (iPhone 13)で初搭載されることが予想されています。

ソース

Xperia 1 IVとされる画像がリーク、デザインに大きな変化はなし?
ソニーモバイルがこれまでに発表した2021年Xperia、と言えばXperia 1 III、Xperia 5 III、Xperia 10 III、Xperia ACE IIの4モデル。今年後半に新型Xperiaの発表・リリースがあるのかは現
スポンサーリンク
スポンサーリンク
GalaxyGalaxy S22/S22+/S22 Ultra
シェアする
著者プロフィール

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。

スポンサーリンク
スマホ評価・不具合ニュース

コメント