Xperia 1 IIIだけじゃない!最新arrowsも4Kディスプレイを搭載か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホの4Kディスプレイ、と言えば良くも悪くもXperiaのお家芸。

しかし富士通がこの動き(ようやく?)追随する可能性が出てきたようです。

Arrows 5G 2nd genはCSOT製の4K OLEDディスプレイを搭載?

Twitterユーザーが伝えたところによると、富士通の2021年版5Gスマートフォン、arrows 5G 第二世代は4K 4K Huaxing Photoelectric OLEDスクリーンおよびQualcomm Snapdragon 888を搭載する、とのこと。

昨年久しぶりにハイエンドモデル(arrows 5G)をリリースした富士通。今年もその後継機を展開するのであればSD888搭載となるのは既定路線ですが、4Kディスプレイ、というのは完全に初耳です。

ちなみに「Huaxing Photoelectric」はフルネームは「Shenzhen Huaxing Photoelectric Technology」で、TCL子会社、華星光電(CSOT)として知られています。

そしてこのTCL CSOTは昨年、ジャパンディスプレイ(JOLED)に300億円を投資しており、業務提携を締結しています。

Xperia Z5 Premiumでスマホ初搭載された4Kディスプレイ。
5年以上経ち、最新XperiaのXperia 1 IIIもほぼ間違いなく採用されますが、今のところ他の海外スマホメーカーがこの動きに追随する気配はありません。

そんな中、数少ない国内メーカーが4Kディスプレイを搭載するかも、というのは事実ならばかなり興味深いところです。

なお、この人物はこの他にも興味深い情報を多数リークしていますが、まだ過去のトラッキングレコードがほぼ皆無であるため信ぴょう性は未知数です。

ただ、今回の情報を含め、同氏のリーク情報が正確であればかなりの大物リーカーの登場、ということになりそうです。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。