発売間近!国内SIMフリー版Xperia 1 IIのベンチスコアが発見、レギュラー版より若干高性能?

スポンサーリンク

ソニーモバイルの最新モデル、と言えばXperia 5 IIですが、国内では間もなく兄弟機、Xperia 1 IIのSIMフリー版がリリースされます。

しかもこの国内向けXperia 1 IIはメモリが12GB RAMとキャリア版や海外版の8GB RAMから増量。
ストレージもキャリア版が128GBなのに対し、SIMフリー版は256GBとなっています。

そして今回、この国内向けSIMフリー版Xperia 1 IIのベンチマークスコアがGeekbench上で発見されました。

XQ-AT42は日本向けのSIMフリーXperia 1 IIのもので、ご覧のように搭載メモリは12GB RAMとなっています。

なお、Geekbench上で確認できる形でこの日本向けSIMフリー版Xperia 1 IIのベンチマークスコアが発見されたのは今回が初めて。

マルチコアのスコアは3387ポイント。

まだ測定結果はこの1つだけですが、8GBのレギュラー版Xperia 1 II、XQ-AT52と比較すると高めのスコア、ということに。

ただ、これが12GB RAMによるものなのかは不明ですが、ひょっとするとその他にも理由があるのかもしれません。

Xperiaスマートフォンの売上がようやく「底打ち」、7年ぶりに出荷台数が横ばいに
ここ数年、撤退の可能性すらも噂されるようになってしまったXperiaスマートフォン。スマートフォン事業は赤字が続き、ソニーは昨年スマートフォン部門を他のエレクトロニクス部門と統合するといったテコ入れをし、今年度の黒字化を目指しています。そし

コメント