スマホをPC用Webカメラとして使う方法-Zoomなどのリモートミーティング

スポンサーリンク

新型コロナの影響でリモートワークをしている、という方も多いと思います。

ZoomやGoogle Meetなどなど、有名どころのビデオ通話用のアプリケーションのほとんどにはスマートフォン用のアプリが用意されているので、スマホからビデオ会議に参加している、という方も多いのでは。

一方、プライベートのコミュニケーションならばスマホアプリから十分だと思いますが、仕事で作業をしながらののビデオミーティングなどだとやはりパソコンからのアクセスの方が便利、というケースも多いのではないでしょうか?

こんな時、ノートPCならばほぼ100%ウェブカメラが搭載されているの問題ありませんが、デスクトップPCだと別売りのWebカメラが必要、ということに。

しかし今回、Android Policeが手持ちのスマートフォンをこのWebカメラとして使う方法を紹介していました。

スマートフォンをPCのビデオ通話用のウェブカメラとして使う方法:

スマートフォンをWebカメラとして使うには、まずパソコンがスマートフォンを「カメラ」として認識する必要があります。

そしてAndroid Policeでは以下の2つのアプリを紹介していました。

DroidCam Wireless Webcam

Iriun 4K Webcam for PC and Mac

 

いずれも無料アプリで使い方は非常に簡単。

USBケーブルでスマートフォンをPCをつなぐだけでPC側がスマートフォンをウェブカメラとして認識してくれます。

ちなみに日本だとそれほどでもないように思えますが、この一連の新型コロナで自宅からのリモートワークが増えたため、アマゾンなどではWebカメラの価格が急騰しているとの情報も。

これを機会にWebカメラを購入をするのも一考ですが、一時的にしか使わない、という方は購入前にまずスマートフォンをウェブカメラとして使ってみてはいかがでしょうか。

コメント