Galaxy S20の120Hz vs S10の60Hz、画面動作の滑らかさが一目瞭然な比較動画

先日サムスンが正式発表されたGalaxy S20シリーズ。

国内ではドコモ、auから少なくともGalaxy S20およびS20+がリリースされることは確実となっています。

そしてこのGalaxy S20シリーズで搭載されたディスプレイ周りの新機能、と言えば、120Hzリフレッシュレート。

今回、このGalaxy S20の120Hzリフレッシュレートを前モデル、Galaxy S10の60Hzリフレッシュレートの比較動画がYoutube上に投稿されていました。

最初の1倍速ではそれほど顕著な違いは分かりませんが、スローモーションにすると違いは歴然。

S20の方はスローモーションでもぬるっとした感じでスクロールできていますが、S10の方は明らかにカクついています。

ちなみにS20シリーズに限らず、これまで発表されてきた2020年モデルを見る限り、今年はフラッグシップのほとんどは最低でも90Hz、大半が120Hzリフレッシュレートとなる模様。(おそらくXperia 1.1も?)

過去には60Hzと90Hzのリフレッシュレートの比較でほとんどのユーザーが違いが判別できなかった、という記事がありましたが、さすがに120Hz vs 60Hzだと差が歴然といった感じのようですね。

ただ、実際に日常的にコンテンツを120Hzリフレッシュレートで表示するというユーザーは限定的なような気もするので、なんだかんだ言ってもほとんどのユーザーが60Hzのまま使用、ということになりそうな気もします。

おすすめ記事:新型Xperiaのカメラ仕様、Galaxy S20より優れた部分は世界初「16ピクセルビニング」採用