APEX 2020の画像がリーク、「48MPジンバルカメラ」を搭載

中国のスマートフォンメーカー、VivoがMWC 2020で発表・展示されるAPEX 2020の画像がリークされていました。

ほぼ完全なベゼルレスでかなり洗練されたデザイン。

カメラはデュアル仕様のようですが、一つは5-7.5倍光学ズーム、もう一つは48MPの「ジンバルカメラ」とされています。

ジンバルは動画の移動撮影を行う際にカメラの上下左右の揺れや手ブレを抑止するために使われる撮影機器。

このAPEX 2020ではこの機能が端末に内蔵されている、ということだと思われます。

なお、今回の画像はBen Geskin氏からものもで、「コンセプト」とありますが、これはユーザーが想像で作成した「コンセプト」という意味ではないと思われます。

というのも、そもそも同社APEXシリーズ自体がコンセプトモデル。

APEX 2019も製品化されていません↓

なお、このAPEX 2020は世界初の120W充電にも対応。

この技術では13分で0%→100%への充電が可能になるようです。

ちなみにVivoは昨年のXiaomiに続いて今年日本上陸の噂がありますが、どうなんでしょう。

2020新型Xperiaの「Pro版」はRAMとストレージが違う、との情報