「安すぎ」価格のOppo Reno A 128GBモデル、早くも販売終了か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天モバイルが今月上旬に発売を開始したOppoの新型モデル、Reno A 128GB

発売直後から在庫なし、再入荷しても速攻売り切れという大人気の機種となっていますが、この最新モデルが発売1週間前後で販売が終了した可能性がでていています。

以下は10月15日時点での楽天モバイルのReno A 128GB購入ページ。

Oppo Reno Aはブラックもブルーも「お取り扱い終了」とあります。

一方で「この商品は一時的にお申し込みを停止、または取り扱いを終了いたしました」とも記載されており、入荷が間に合わないために、予約受付を一時的に停止しているだけ、というわずかな可能性も。

ただ、もしそうならば以下のAQUOS Sense 2のような記述をするはず。

同じ機種でも受付を中止しているカラーと取り扱いを終了している機種を分けています。

このOppo Reno A、準フラッグシップキラー、とでもいうのでしょうか。
CPUもミッドハイ向けスペックのSnapdragon 710を搭載、その他のスペックとしてはハイエンド並み。

それでいて税込みで価格が4万円未満、というのは確かに”安すぎる”感があり、普通ならば5万円台後半でもおかしくない機種だと思います。

ファーウェイ不在の隙をついて一気に格安SIMフリースマホ市場でシェアを拡大しよう、という思惑を感じますが、これはユーザーとしてはうれしい企み。

ただ、この異常な安さの128GBモデルに関してはOppoが赤字覚悟で話題作りもかねて限定で流通させただけ、という可能性もありそうです。

ちなみにこのOppo Reno Aは64GBモデルが10月18日より複数のMVNOや量販店でも端末単体での購入が可能になります。

価格はほとんど楽天の128GBモデルと変わりがありませんが、その一方で起動時の楽天ロゴがない、楽天関係のプリインストールアプリが非搭載というメリットも。

個人的には64GBモデルでも4万円以下、というのはかなりお買い得のような気がします。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。