au版のXperia 1、Galaxy S10、AQUOS R3などの価格値下げ、増税分を入れても安く

10月1日より8%→10%に変更された消費税。

10万円を超えるようなハイエンド・スマートフォンなどでは増税分だけで2000円前後の価格差がでるわけで、増税前の9月中に結構な駆け込み買い替え需要があったとも言われています。

しかし、この増税の実施と同時にauが複数のハイエンドモデルおよび一部ミッドレンジの値下げをしていることが判明しました。

いずれも税込みの一括価格。

Xperia 1 SOV40の価格

増税前:11万2320円

増税後:10万4399円

値下がり額:7,921円

Galaxu S10 SCV41の価格

増税前:9万8760円

増税後:9万0720円

値下がり額:8,040円

Galaxy S10+ SCV42の価格

増税前:11万0720円

増税後:10万1520円

値下がり額:9,200円

Galaxy A30 SCV43の価格

増税前:4万3200円

増税後:4万3200円

値下がり額:0円

AQUOS R3 SHV44の価格

増税前:9万9360円

増税後:9万0720円

値下がり額:8,640‬円

ハイエンドモデルは税込み価格でも8000円前後の値下げに、税抜き価格だと1万円近いプライスダウンということになります。

また、台数的にはおそらく夏モデルのなかで一番売れていると言われているGalaxy A30 SOV44については購入者が払う税込み価格は据え置きですが、税引き前価格は以前より実質2%ほど安くなっている、ということになります。

今回の値下げはおそらく秋冬モデル発表を前にした在庫処分的な要素が強いと思われます。

ちなみに、今のところauの秋冬モデルとしてはGalaxy S10+ SCV45およびミッドレンジGalaxy SCV46のリリースは確定していますが、その他はまだ不明で発表時期についての情報もほぼ皆無です。

ただ、最近はauの新作発表の方が早いということも良くあるので、10/11より前に発表会なしでWeb上で秋冬モデル発表、という可能性も十分あると思います。

コメント

  1. くくるす より:

    秋冬も出るにまたGalaxy 10+だすの?