”注目の”Huawei Mate 30シリーズの正式リリース発表予定が確定

ファーウェイの次期フラッグシップモデル、Huawei Mate 30シリーズ。

この最新モデルの公式発表日が確定しました。

これによるとHuawei Mate 30およびMate 30 Proはドイツのミュンヘンで9月19日に発表される、とのこと。

また、このツイートによるとどうやらMate 30シリーズ以外の機種も発表される模様です。

このMate 30シリーズは単にファーウェイの最新フラッグシップとしてだけでなく、別の意味でも非常に注目度の高い機種。

というのも、先日、ロイターがこのMate 30シリーズにはGooge Playストアが搭載されない、と報道しています。

今後のファーウェイ製スマホの行方についてはいろいろな説があり、また、米政府の意向ひとつで良くも悪くもなりうるという状況。

ただ、現状ではAndroid OS自体は搭載できるものの、Googleからライセンス受けない非正規なバージョン、ということに。

そのため、Google Playストアは搭載されず、Playストア経由でのアプリのダウンロードやアップデートはできなくなる。

そしてGmailやGoogleマップといったGoogle系アプリ・サービスも利用できなくなる、ということのようです。

また、これはMate 30シリーズに限らず、今後のファーウェイ/honor機種すべての方向性を知る上で非常に重要。

正直、Playストアも使えずGoogleサービスも使えないのであればAndroid OSを搭載している意味がないような。いっそのこと別OSの方が面白みがあるような気もします。

いずれにせよ、この感じだとファーウェイ製スマホがこの秋冬モデルとしてキャリアからリリースされるという可能性はほぼ皆無、というかSIMフリー機種としてすら怪しい情勢。

昨年の今頃、といえばHuawei P20 LiteがAndroidスマホのトップを独走していた記憶がありますが、現在はAQUOS Sense 2がキャリア版でもSIMフリー版でも幅を利かせているという感じ。

今後はどうなるのでしょうか。