IFAで発表の新型Xperia「Xperia 2」に最新OS、Android Qは搭載されず

Xperia 1の後継機・後続機種として9月初旬のIFAでリリース発表される新型Xperiaフラッグシップ。

すでに鮮明な3Dレンダリング画像もリークされ、Xperia 1を若干小型化したモデルとなり、今のところは「Xperia 2」という仮名で呼ばれています。

またこの次期Xperia、詳細スペックは不明ながらSD855で全体的にはXperia 1を若干スペックダウンしたモデルになると言われています。

そんな中、このIFA発表の新型モデルの搭載OSについて有名リーカーが新情報をリークしていました。

IFAでソニーが発表する新型XperiaにAndroid Qは搭載されない

つまりAndroid 9.0が搭載される、ということに。

昨年秋のXperia XZ3はAndroid 9.0、一昨年秋のXperia XZ1はAndroid 8.0はそれぞれ当時の最新OSを搭載してリリースしていたのですが、今回はこれらとは違う、ということに。
(ただ、他メーカーではこれは当たり前です)

一方、当サイトでXperia 2に該当すると思われる型番、J82XX/J92XXがUaprofで発見された際にはXperia 1と同じ下三桁で同バージョンのOS搭載である可能性が高い、とお伝えしており、これは今回の情報とも一致します。

また、この「Xperia 2」については先にXperia 1の廉価版モデルで開発も完了、生産準備も完了しているという情報がありましたが、OSがAndroid 9ではない分リリースが早い、という可能性もありそうですね。

コメント

  1. ななし より:

    ついにOSまで周回遅れか、終わってんなクソニー