フォルダブルXperia「Xperia F」は外側に折れ曲がるタイプに?特許情報が発見

新型Xperia、と言えばXperia 1の後継・後続機の通称「Xperia 2」が話題の中心。

ただそれ以外にも5G通信対応Xperiaやフォルダブル(折り畳み式)Xperiaの存在などの噂も絶えません。

また、フォルダブルのXperiaについては早ければ年末から来年初めにかけて発表・リリースがあると言われていますが、具体的にどういったタイプの「折り畳み式」になるのかなどは全くの不明。

そんな中、LETSGO DIGITALがソニーの出願したフォルダブル・スマートフォンの特許情報を発見した模様です。

同サイトによるとまず、このディスプレイには加速度センサー、感圧センサー、温度センサーが内蔵され、使用環境やユーザーがどのように端末を持っているのかを感知し、最適なスクリーン表示をするとのこと。

また、3つめの画像からもわかるように、このディスプレイは外側に折れ曲がるタイプの模様で、これにより、折りたたんだ状態でもコンパクト・スマホとして使えるようです。

Xperia FことフォルダブルXperiaの存在については有名リーカーからも情報がでてきており、少なくともソニーが「開発中」である可能性はかなり高いと言えそう。

ただ、サムスンのGalaxy FoldやファーウェイのMate Xなど、発売が延期されるケースもでてきており、まだ技術的な課題も多いという印象です。

コメント

  1. がんばれ日本メーカー より:

    内側に曲がるタイプは、落とした時には
    いいかもしれないけど、
    満員電車の中では使えない。
    画面が外側に曲がるのが正解だろうね。