2018年版iPhoneはようやくデュアルSIM対応、iOS12のコード内より発見

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年秋にリリースされる2018版iPhone

今の所、6.4インチ、6.1インチ、5.8インチの3モデル展開になると言われていますが、今回、これらのうち、最低でも1モデルがデュアルSIM対応になることが判明した模様です。

以下はiOS 12のコード内から発見された記述。

send sim trayと書かれており、これが2つの目のSIMトレー、つまりSIMカードを2枚挿入可能であることを表していると言えます。

また、当たり前ですが既存iPhoneがアップデートでデュアルSIM対応になることはありえないので、当然これは今後リリースされるiPhone、つまり2018年版iPhone向けのコード、ということになります。

日本ではiPhoneユーザーの大半はキャリア版iPhoneを使っているようなので、デュアルSIM対応のiPhoneの必要性を感じているユーザーは少ないと思われます。

一方、SIMフリー機種が主流の一部の国などではかなり前よりデュアルSIM対応のiPhoneのリリースを期待する声は少なからずあった模様。

そういったいみでアップルも”ようやく”重い腰を上げたといった感じでしょうか。

ソース

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。