アップルストアでiPhoneの過熱バッテリーが発火、50人が避難

スポンサーリンク

スイスのチューリッヒにあるアップルストアでiPhoneのバッテリーが原因のボヤ騒ぎがあったようです。

ロイターが伝えたもので、これによると現地時間の9日、ユーザーの持ち込んだiPhoneのバッテリーをアップルストアのスタッフが取り外そうとしたところ、バッテリーが異常発熱し発煙。

煙が充満したため、店内にいた店員および客の合計50人が外に一時避難したとのこと。

幸い大事には至らなかったようですが、このバッテリーを取り外そうとしたスタッフは軽いヤケドを負った模様。

なお、現時点でアップルからのコメントなどはなく、どのiPhoneモデルのバッテリーが発煙したのかは不明。

ちなみにこれ、バッテリーを外そうとした際に発生したものなので、ひょっとすると端末の問題ではなく人為的なミスが原因である可能性もありますね。

source

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。