ASUS ROG Phone 4は6000mAhバッテリー搭載、65W充電に対応へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ASUSの2021年最新フラグシップとなるASUS ROG Phone 4

先日、Weibo上に公式ティザー画像が投稿されており、前面に関してはかなりベゼルレスに近いデザインになることが判明しています。

ASUS ROG Phone 4はベゼルレスに?初のティザー画像がリーク
ここ数日で2021年の新型ゲーミング・スマートフォンと言えば、XiaomiのBlack Shark 4が話題の中心。そんな中、ライバル機種となるASUSの最新ゲーミングスマホ、ASUS ROG Phone 4についての初のあティザー画像が投

一方、このROG Phone 4については昨年末にGeekbench上でベンチマークが発見されていますが、それ以外にはほとんどリーク情報もない状態。

そんな中、有名リーカーのDigital Chat StationがWeibo上で同モデルのバッテリー周りに関する情報を提供していました。

これによると、2020年のゲーミングスマホはBlack Shark 4が120W充電でバッテリー容量は4500mAh、Red Magic 4も全く同じですが、ASUS ROG Phone 4は6000mAhバッテリー搭載、60/65W充電に対応するとのこと。

これは3Cの認証通過情報とも一致しています。

こちらでは「65W」充電となっています。

なお、ASUS ROG Phone 4の前モデル、ROG Phone 3もバッテリー容量は6000mAhと同容量です。

ただ、ROG Phone 3は充電速度は30Wがマックスだったので、今のところROG Phone 4のバッテリー周りは充電速度が最大の進化、ということになりそうです。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。