Huawei Mate 40 Pro、カメラ評価でトップ獲得-2年連続

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日正式発表されたファーウェイの2020年後半フラッグシップ、Huawei Mate 40 Pro

同モデルの発表とほぼ同時にDXOMarkでカメラ評価が掲載されていました。

リアカメラのスコアは136ポイント。これまでのトップスコアはXiaomi Mi 10 Ultraの133ポイントだったので、Huawei Mate 40 Proはこれに3ポイントの差をつけてトップ、ということに。

また、フロントカメラでも104ポイントとトップ評価をゲットしており、DXOMarkでいきなりの2冠獲得ということになります。

なお、前モデルのMate 30 Proも昨年リリースと同時にトップスコアを獲得しており、これでMate Proシリーズは2年連続でDXOMarkのカメラ評価で最高得点を得た、ということにもなります。

内訳をみると、全体に静止画の評価が高く、中でもズームの高評価が目立ちます。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。