もう一つの新型Xperia「Xperia 10 Plus II」が開発中、5G通信対応ミッドレンジか

スポンサーリンク

ソニーの新型Xperia、と言えば先日正式発表されたフラッグシップ、Xperia 1 IIが話題の中心。

そして同時にミッドレンジのXperia 10 IIも発表されました。

しかし今回、このXperia 10 IIに兄弟機種が存在する可能性が浮上しました。

ESATO上ではおそらく最も信頼性の高いリーカーからの情報:

As far as I can tell, they are still working on mark 2 for 10 Plus which everyone seems to know it

ソニーはまだXperia 10 PlusのMark 2(Xperia 10 Plus II)を開発している、とのこと。

このXperia 10 Plus 10 IIのスペックは全くの不明ですが、Xperia 10 IIの搭載チップはSnapdragon 665。

一方、昨年のXperia 10と10 Plusは同時発表されており搭載されたチップはSDM630/SDM636でした。

よって、Xperia 10 Plus IIがXperia 10 IIと似たようなスペックならば同様に同時期に発表されていてもおかしくありません。

また、現在ソニーのサーバー上で確認されている2020年モデルのXperiaは4機種。
そしてすでに正式発表されているXperiaもXperia L4、Xperia 1 II、Xperia 10 II、そしてXperia Proの4モデル。

ということはこのXperia 10 Plus IIは実在するとしてもまだサーバー上にさえ掲載されていない、ということに。

となると、同モデルはリリースされるとしても2020年後半、という可能性が高く、発表時期が大きくズレる、ということはスペックもXperia 10 IIとは大きく異なる可能性が高そう。

よって、Xperia 10 Plus IIに関してはSD765/765Gを搭載した5G通信対応のミッドレンジ、という可能性もありそうです。

おすすめ記事:

Xperia 1 IIに搭載のカメラセンサー型番が判明、ソニー製がXperia 1の1/3→2/3に

Xperia 1 II、国内版だけ”また”スペックダウン、128GBストレージ搭載でほぼ確定、Xperia 10 IIも64GBに

コメント

  1. Saitoh, Lichteins より:

    Xperia 10 II Plus

  2. より:

    どうせ日本向けにはXperiaAceみたいなセンスのない名前に変えてスペックダウンしたやつが売り出されるよ