Oppo Find X2の一部スペックが判明、最大輝度1200ニット、240Hzタッチ感度のディスプレイを搭載

Oppoの新型フラッグシップモデル、Oppo Find X2

今のところ、22日にMWC2020で発表されることが公式発表済みとなっていますが、

同モデルの一部スペックが判明しました。

同社のグローバル・マーケティング部門代表のBrian Shen氏がTwitter上でつぶやいたもの。

このOppo FindX 2のディスプレイは:

・120Hzリフレッシュレート

・2K解像度

・240Hzタッチサンプリングレート

・HDR、最大輝度1200ニット

・100% DCI-P3

タッチ感度(タッチサンプリングレート)のHzは単位時間あたりどれだけのタッチに反応するか、という値で通常は60Hz。

240Hzタッチ感度はBlack Shark2やASUS ROG phone 2などのゲーム用スマホではすでに搭載しており、Galaxy S20シリーズも対応する、と言われています。

それよりも興味深いのはディスプレイの輝度。

1200ニット、というのは既存モデルでは最大輝度のはずです。

Oppoがちなみに既存機種のディスプレイの最大レベルの輝度は以下のような感じ。


ちなみに冒頭の画像は数日前にFind X2のものとしてネット上に出回っていたものですが、信ぴょう性は不明です。

コメント

  1. やるデース!速報  より:

    iPhone11proシリーズのHDRのピーク輝度も1200nitsだったからそういうことなんだろう。HDRじゃないときの輝度が1200nitsだったら間違いなく過去最高レベルだけど。