2020 iPad Pro 11と12.9はタブレットなのにトリプルカメラ搭載、レンダリング画像がリーク

スポンサーリンク

アップルの未発表新型タブレット、2020年版のiPad Pro 11およびiPad Pro 12.9の鮮明なレンダリング画像がリークされていました。

iPad Pro 11 (2020)

iPad Pro 12.9 (2020)

ソースは情報の正確性ではほぼ100%のOnleaks。

同氏がiPadの情報をリークすことは結構珍しいのですが、ほぼ公式レンダリング画像といって差し支えないでしょう。

この新型iPad、最初に気づくのは何と言ってもカメラ。

カメラ周りはiPhone 11シリーズと同様の正方形で、その中に3つのカメラが搭載されています。

iPadとして初めてなのはもちろん、Androidタブレットでもトリプルカメラを搭載した機種というのはほとんどないのではないでしょうか。

サイズは11インチモデルが248 x 178.6 x 5.9mm、カメラ部分の出っ張りをいれるとことで前モデルとほとんど変化はなし。
12.9インチモデルのサイズは不明です。

なお、スペックのついての情報はないようですが、過去のパターンからするとこのiPad ProにはA13Xチップが搭載される可能性が高い模様。

最後に新型iPad Proがリリースされたのは2018年の秋。
この時も11インチモデルと12.9インチモデルが展開され、これらが「第3世代」だったの、2020年モデルは第4世代、ということになります。

ソース

コメント