5G通信対応の2020 新型Xperiaはドコモ版SO-02Mのみ、もしくは先行リリースの可能性

Xperia 1の後継機として注目されるSD865搭載+5G通信対応の2020年版新型Xperia

Xperia 3やXperia 1.1といった機種名になるとの情報がでてきますが(個人的にはどちらも違うような気もしますが)、まだまだ今後様々な情報がでてきそうな雰囲気。

そんな中、このXperia初の5G対応機種となるモデルのリリースに関して興味深い情報がでてきました。

I have no idea about authenticity of device image and name. But it looks like this 5G Xperia with SD865 won’t be released globally since I can only find model# for Japanese operator in their server, SO-02M (docomo). I’ve seen the same pattern with Xperia 8 and Xperia ace. Or hopefully will be released later outside Japan

(Xperia 3)の機種名や画像の信ぴょう性については分からない。

ただ、ソニーのサーバーからの情報を見る限り、この次期Xperiaはドコモ版(SO-02M)しか見つからずグローバル展開はされない可能性が高い。

これはXperia 8やXperia Aceでも同じパターンだった。

ただ、ひょっとすると遅れてリリースされる可能性はある。

ここで言う「サーバー情報」というのが何なのかは不明ですが、確かにXperia AceやXperia 8といった国内専用モデルはUaprofでも型番の存在は確認できておらず、ここ最近の傾向としてUaprofで型番の確認できないモデルは国内専用モデルとなっているのは事実です。

ドコモは春前の5G対応モデル発売を明言

今のところ、ドコモが正式にコメントしている内容として分かっているのは同社が5G通信サービスを2020年の春に正式提供予定ということ。そしてその前に5G対応機種を発表・リリースするという点。

通常、「春」といえば3~5月ですが、ドコモの5G対応新型モデルはこれよりも前にリリースということになります。

つまり、いずれにせよ過去のXperia 1やXperia XZ PremiumのようにMWC発表、6月以降に夏モデルとしてリリースでは5Gサービスの開始に間に合わない、ということに。

となると、5G Xperiaがリリースされるとすれば夏モデルではなく「春モデル」ということになります。

また、今回の情報が正確なものであるとすると、この新型Xperiaはau版やソフトバンク版も見つかっていない、とのことのなので、ひょっとすると本当にドコモ版のみがリリース、もしくは先行発売というのはある程度整合性のある情報のようにも思えます。

ソース

おすすめ記事:Xperia 5で外装不良?バックパネルに「気泡」のようなキズの報告