世界初!ディスプレイ下カメラ搭載スマホの実機画像

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本にも数年前より新種、SIMフリー機種を展開している中国のスマホメーカー、Oppo

同社が新型モデルのプロトタイプと思われる機種が公式アカウントから投稿されていました。

セルフィ―(フロント)カメラがディスプレイ下に埋め込まれた「アンダーディスプレイ」タイプを採用した未発表モデルの動画。

プロトタイプとはいえ実働動画が公開されるのは世界初ではないかと思われます。

これ、当然カメラ自体を目視することはできませんが、指を端末上部中央に持っていくとこの位置にカメラが搭載されていることがわかります。

ここ数年のスマホはベゼルレスの狭小化に伴いフロントカメラの扱いが多様化しています。

最近では主にベゼル上に配置、ノッチ上に配置、パンチホール型、格納型、フリップ(回転型)といったタイプに分かれてきています。

ただ、ディスプレイ画質やカメラ性能自体に影響がないのであれば、理想的な前面カメラの搭載方法はやはりこのアンダーディスプレイ・タイプではないでしょうか。

ちなみにディプレイ下埋め込み式の前面カメラについてはいくつかのメーカーが特許を申請・取得しており、ソニーもその一つだったと思います。

よって、将来的には新型Xperiaでも採用される可能性はあるとは思いますが、最近の傾向として大体この手の最新機能を実装するのは中国メーカーといった感じ。

なので、ソニーが採用するとしても「次々期」Xperiaくらいでしょうか。

コメント

  1. めんだこ より:

    今思ったことだが保護フィルムつけたとしてガラスはまだ良いが普通のフィルムだとカメラが綺麗に映らないとかなるよな、
    その部分だ毛穴開けたりもしくはクリアにしたりしたフィルムが出るのかしら

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。