Galaxy S82 5Gは2年前のチップ、Snapdragon 855+を搭載、スペックが判明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンのミッドレンジシリーズ、Galaxy Aシリーズ。

この上位モデルに属するGaalxy A82についてのスペック情報が明らかになった模様です。

今回の情報によると、このGalaxy A82 5Gに搭載されるチップはSnapdragon 855+とのこと。

メモリは6GB RAMでディスプレイ解像度は1080 x 2400 (FHD+)となっています。

Snapdragon 855と言えば2019年のフラッグシップに搭載されたモデルで、SD855+は同年後半にリリースされた一部のハイエンドモデルに搭載されたSD855のアップグレード版という位置づけ。

Galaxy A8Xモデルは通常ならばSnapdgragon 700番台のチップが搭載されるはずですが、今年は様々な要因が重なり、各メーカーが深刻なチップ不足に直面していると言われています。

一方、クアルコムは先日、このチップ不足に対応するために「成熟したチップ」の増産をすると言う旨のコメントをしていました。
2年前のチップを採用する、ということはやはり一連のチップ供給問題は相当深刻なのかもしれません。

なお、国内向けの最新Galaxy AシリーズとしてはすでにGalaxy A32 5Gがauから発売済み、そしてGalaxy A52 5G SC-53Bがドコモより2021年春夏モデルとしてリリースされることが確実となっています。

Xperia 1 IIIには久々の赤「Rosso」が復活?新たなティザー画像
ソニーモバイルの最新フラッグシップXperia、Xperia 1 III。すでに有名リーカーからのCADベースと思われるレンダリング画像から外観の「輪郭」についてはほぼ正式なものに近い全体像が明らかになっていますが、スペックやカラーといった

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。