新型 Xperia 5 IIは90Hz/120Hzリフレッシュレートにネイティブ対応?有名リーカーが「予想」

ソニーモバイルの2020年後半フラッグシップ、Xperia 5 II。

本日、Youtube公式チャンネルから9月17日に正式発表されることが確定したこの新型Xperiaですが、今回、同モデルのスペックについて有名リーカー、Zackbucks氏が興味深い投稿をしていました。

前述のようにあくまで「予想」としていますが、端末の横幅や重量まで記述しているのが気になります。

さらに興味深いのはディスプレイ周りで、サイズは6.0インチと前モデルのXperia 5から0.1インチ小さくなっていますが、90/120Hzリフレッシュレートにネイティブ対応する、とのこと。

90/120Hz表示は今年リリースの多くのハイエンドモデルで標準となっていますが、Xperia 1 IIは90Hz相当の残像低減技術を採用しているだけで、基本的には今まで通りの60Hz表示。

そういった意味で、もしこのXperia 5 IIが本当の90/120Hzを採用するれば、これだけでもXperia 1 IIからの大きな変化と言えそうです。

デフォルトで90Hzもしくは120Hz表示される、という意味ではないかと思われます。

追記:こちらの新情報より、このXperia 5 II、120Hzリフレッシュレート、240Hzタッチサンプリングレートに対応することがほぼ確実となりました。