2020 新型Xperiaは計6モデル展開?フラッグシップ3モデルはSD865、ミッドレンジ3モデルはSD665搭載との情報

様々な噂、推測、そしてほんの少しだけでてきた信頼できるリーク情報が交錯している状態の2020年版の新型Xperiaラインナップ。

今のところはXperia 1の後継機という位置づけでMWC 2020での発表が確実視されているSD865+5G通信対応の新型モデル、そしてSD665を搭載したミッドレンジが最低でも1モデル存在することがほぼ確実となっています。

そんな中、この2020年の新型Xperiaの搭載チップについての新情報がWeibo上で発見された模様です。

これによると、2020年にリリースされる次期Xperiaはフラッグシップが3モデルすべてがSnapdragon 865を搭載、ミッドレンジ3モデルはすべてSnapdragon 665を搭載する、とのこと。

フラッグシップモデルに最新・最高スペックのチップを搭載するのは当然なのでこれらが共通CPUとなるのも当たり前ですが、「3モデル」という部分が非常に気になります。

半年サイクルで新世代モデルをリリースしていた以前のXperiaのパターンならばレギュラーフラッグシップにプレミアム、コンパクトといった感じだと思いますが、今年のXperiaフラッグシップはXperia 1およびXperia 5の2機種のみで、しかもこれらは世代的には「同世代」。

これ、1モデルはXperia 1.1ことXperia1の後継機、もう1モデルはXperia 5.1ことXperia 5の後継機だと仮定しても残りの1モデルが謎です。

ひょっとしてこれが噂の6カメラ搭載の”Xperia 0”なのでしょうか。
それとも以前にUaprofから?のものとされる型番が見つかったコンパクトモデルという可能性も?

一方、ミッドレンジですがこれはXperia 10シリーズの後継モデルという可能性が高そうですが、この3モデルにXperia 8やAceといった国内専用モデルが含まれているかは不明。

ただ、いずれにしても2020年版ミッドレンジXperiaに搭載のチップがSD665で統一、というのは変わらなそうです。

なお、2019年版ミッドレンジXperiaではXpeira 10や国内向けのXperia Ace、Xperia 8には全てSnapdragon 630が搭載。
さらにSD630は昨年のXperia XA2シリーズでも採用されており、ミッドレンジXperiaは2年連続で同じCPUを採用した、ということになります。

ひょっとしてフラッグシップのCPUは毎年、ミッドレンジ向けのCPUは2年おきのサイクルで変更する、といったパターンにでもなったのでしょうか。

その一方で、2020年のXperiaはフラッグシップ3モデル、うち、SD865搭載機はXperia 1の後継機のみ。残りはSD765になる、といった噂も出てきており、今回の情報とは完全に矛盾。ますます混乱してきている新型Xperia情報、といった感じです。

コメント

  1. arrows man より:

    当時はミドルハイという位置付けでしたが、Snapdragon 660を搭載したarrows NX F-01Kはある意味最新のミドルレンジCPU搭載の先駆者だったって思えますね