ASUS、Zenfone 4のAndroid 9.0アップデートを断念

あc

ASUSが2017年にミッドレンジ・フラッグシップモデルとしてリリースしたASUS Zenfone 4。

今回、ASUSが同モデルへのAndroid 9.0アップデートを正式に「断念」したことが判明しました。

To preserve the system performance and stability of ZenFone 4 (ZE554KL), ASUS does not have plans to further upgrade Android 9 (Pie), but will continue to maintain in Android Oreo.

これはASUSの公式フォラム上に掲載されていたサポートからの投稿。

パフォーマンスと安定性を維持するためにZenfone 4はAndroid 9へはアップデートされない、とはっきり書かれています。

Zenfone4はAndroid 7.1.1を搭載してリリースされ、すでに一度、Android 8.0 Oreoへのアップデートは提供されています。

また、Xperia XZ1シリーズのようにハイエンドでも1度しかメジャーアップデートがされない機種もあるのでミッドレンジ機種でOSアップデート1回、というのは特に珍しいことではありません。

ただ、アップデートが約束され、さらに公開ベータ版まで提供されているモデルのOSバージョンアップが中止される、というのは結構珍しい例。

国内販売されているモデルでAndroid 9.0アップデートが約束された機種はすでに大部分はアップデート提供済みとなっていましたが、Zenfone 4など、一部機種はまだ未提供。

それにしてもかなりこのZenfone 4はかなり長期間ベータテストを行っていたと思うのですが、理由はなんなんでしょう。

ハード的な制約、でしょか。

ただ、Xperia 8やXperia Aceなども同じチップ搭載ですがAndroid 9.0をデフォルト搭載。
それどころかAndroid 10のアップデート対象にまでなっているので、少なくともこのZenfone 4がAndroid 9アップデートされない理由がCPU起因ということはないと思われます。