iPhone11はiOS 13.1を搭載してリリース、既存iPhoneへのiOS 13アップデート予定は9月23日

9月10日に正式発表、13日に予約受付開始、そして20日にリリースとなる予定の2019年版新型iPhone

iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxという機種名で3モデル展開となることが確実視されています。

そんな中、このiPhone 11シリーズに搭載されるOSバージョンおよび既存機種のiOS 13へのアップデート予定について興味深い情報がでてきました。

まず、ここではiOS 13へのアップデートは9月23日にリリースされる、とあります。

一方で、新型のiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11はiOS 13.1を搭載して発売されるとのこと。

さらに既存iPhoneおよびiPod touchモデルへのiOS 13.1リリーズ予定は10月、となっています。

また、以下にはiOS 13.2のベータリリース予定なども記載されています。

これ、アップルの内部あるいは関係者向け資料とのことですが、信ぴょう性については全くの不明。

ただ、普通は既存機種への最新iOSアップデートは最新モデルの発表直後。
そう考えるとちょっとiOS 13アプデの次期が遅すぎるような気がするのですが、今年はなにか特別な事情でもあるのでしょうか。

それとも20日とされているiPhone 11シリーズの発売日自体がそれよりも遅くなる、というのであればこの情報が正確なものである可能性は高そうです。

ソース

コメント

  1. Xperia1使い より:

    iPhone11のリリースが27日に遅れるという噂を耳にしましたが、果たして…