Galaxy S9/S9+に搭載のExynos 9810、ベンチマークではS845の数%~2割増しの性能

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今月末にバルセロナで開催されるMWC 2018で発表されることが確定しているサムスンのGalaxy S9およびGalaxy S9+。

これら最新フラッグシップにはクアルコムのSnapdragon 845搭載版とサムスンのExynos 9810搭載版が搭載されるいわれています。

そして今回、この後者のExynos 9810を搭載したGalaxy S9のベンチマークスコアがGeekbench上で発見されました。

シングルコアでは3600台中盤、マルチコアでは8900近くとかなりの高スコア。

12月末にはSnapdragon 845を搭載した2018年版Xperia、H8266(Xperia XZ2?)が発見されていますが、この際のスコアはシングルコアが2393でマルチコアが8300でした。

つまりこのExynos 9810、Snadragon 845と比較してマルチコアでは数%ですが、シングルコアでは約20%もスコアが上、ということになります。

もちろん、ベンチマークスコアは必ずしも実使用での体感スピードを反映するものではありません。

ただ、毎度のことながらExynosは少なくともベンチマーク上の性能ではS845を一歩リードと言った感じですね。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。