ドコモのXperia 5 IIが「最速」に!、アプデで世界初の5Gキャリアアグリゲーションに対応

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドコモが今冬春モデルとして展開するソニーモバイルの新型Xperia、Xperia 5 II SO-52A。

本日(12/7)、同モデルに対しファームウェアアップデートが提供されました。

世界初のsub6周波数帯5Gキャリアアグリゲーションに対応

今回のアップデートは11月のセキュリティーパッチの提供も含んでいますが、それよりも興味深いのは5Gでのキャリアアグリゲーション対応。

ドコモはこのXperia 5 IIのアップデート提供アナウンスとほぼ同時にプレスリリースも発表。

クアルコムと共同でsub6の3.7GHz帯と4.5GHz帯の周波数を束ねるキャリアアグリゲーション(sub6-CA)を本日2020年12月7日から世界で初めて提供開始すると発表しました。

これによりリリース時に最大3.4Gbpsだった受信速度が4.2Gbpsへアップ。あくまで理論値ではありますが、5G通信速度が約3割ほどアップすることになります。

なお、今回この5Gキャリアアグリゲーションに対応したのはXperia 5 IIですが、Snapdragon 865搭載モデルは順次対応する模様。

今回の発表では少なくともGalaxy Note20 Ultra 5G SC-53Aが今月中に、Wi-Fi STATION SH-52Aが「冬以降」に対応することが明らかにされています。

また、Xperia 1 IIやGalaxy S20シリーズ、AQUOS R5G、arrows 5Gといった他のSD865搭載機にも順次対応アップデートが提供されるものと思われます。

ソース

世界初の「ローラブル・スマホ」、5月にLGからリリースか
韓国のLGが来年、世界初となる巻取り式(ローラブル)スマートフォンをリリースする可能性がでてきました。TwitterユーザーのTron(@cozyplanes)氏が伝えたところによると、今回、韓国キャリアのイントラネット内のデータベース上に

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。