ASUS新型肺炎の影響で ROG Phone IIの当面の供給不足を予告

ASUSのゲーム用スマートフォン、ASUS ROG Phone II

同機種の供給状況についてASUSが異例のアナウンスをしていました。

アジアで広範囲に発生している「状態」を原因としたサプライ・チェーンの混乱により、ROG Phone IIの一時的な供給不足が発生します。

という内容。

原因を明言しているわけではありませんが、これが現在世界的な問題となっている新型コロナウイルスを示唆していることは間違いないでしょう。

ASUS ROG Phone IIは日本でもすでに総務省の技適を通過しており、国内リリースはほぼ確実と言われていますが、発売が当初より遅れるという可能性は十分にあると思われます。

また、先日はこの新型肺炎の影響でGalaxy S20シリーズ向けの多くのアクセサリー生産が発売日間に合わない、という情報も。

さらにアップルも中国のApple Storeを全店閉鎖することを発表しています。

今やメーカーの国籍、生産地を問わず、どのスマートフォンも直接・間接的に中国のサプライヤーに依存しているはず。

となると、これからリリースされる2020年モデルのスマートフォン機種の多くが同様の影響を受けると思われます。

コメント

  1. 名無し より:

    中国からスマホ工場移転したサムソンって神だったんだな

  2. 特になし より:

    既に公式ストアで販売されているものを「リリース確実」ましてや「と言われている」などと記述するのは如何なものかと思います。

    • 特になし より:

      それどころかアマゾンで正規代理店明記のものがアマゾン自体の販売であるんですよねぇ

      というか、Rog2に関しては中国でのラインナップと価格に関する中国語の翻訳でも間違っていたし訂正もない

      ASUS関連の記事がちょっと適当というか、推敲されてなさすぎ