2020年前半リリースの新型Xperiaは4モデル、1モデルは日本向けミッドレンジか

スポンサーリンク

2020年版のXperia、と言えば先日ソニーがメディア向けに送付した招待状から2月24日、MWC 2020で新型Xperiaが発表されることは確実となっています。

ただ、この場で発表される機種については最低1モデルのフラッグシップがある、という点以外はまだ何もわかっていません。

そんな中、Reddit上に2020年前半にリリースされる次期Xperiaのラインナップについて興味深い新情報が投稿されていました。

これによると、ソニーモバイルは今年前半に4モデルを発売

うち1モデルはプレミアムフラッグシップでもう1モデルはローエンドモデルになるとのこと。

さらにこのローミッドモデルはXperia Aceのような日本専用モデルになるとされています。

残りの2モデルについては確かなことは分からない、とのことですがSD765/765Gを搭載したミッドレンジである可能性が高い、としています。

この情報、正確なものならば「プレミアムフラッグシップ」が4kディスプレイの通称「Xperia 1.1」もしくは「Xperia 1 2020」で間違いでしょう。

ローエンドモデルですが、Xperia Aceのようなモデルとのことなので、以前より存在が確認されているSD665搭載モデルの可能性も高そう。ただ、SD665搭載だと厳密には「ローエンド」ではないので、この部分はすっきりしません。

ちなみに今のところ、ソニーのサーバー上で確認されている未発表のXperiaのType Numberは以下の通り:

PM-1260-BV
PM-1261-BV
PM-1262-BV
PM-1263-BV
PM-1264-BV

PM-1280-BV
PM-1281-BV
PM-1282-BV
PM-1283-BV
PM-1284-BV
PM-1285-BV
PM-1286-BV

PM-1290-BV
PM-1291-BV

PM-1310-BV
PM-1311-BV
PM-1312-BV
PM-1313-BV

これを見る限り少なくとも4モデルが存在するということになり、これは今回の情報とも一致しています。

となると一番バリエーションの多いPM-128X-BVはおそらく国内キャリア版も含むグローバル・フラッグシップ、つまりXperia 1の後継機という可能性が濃厚です。

一方、2バリエーションしかないPM-129X-BVはすでに先日FCCを通過しており、WiFiの対応周波数からミッドレンジ以下、そして対応LTEバンドなどから国内向け(少なくとも米国向けではない)である可能性が高そうなので、これがここで言う新型「ローエンド」Xperiaという可能性が高そう。

となるとPM-126x-BVとPM-131X-BVがSD765搭載のXperia 10シリーズ後継機ということになりますが、もしこれらがXperia 10/10 Plusならば型番が離れているのはちょっと不自然。

よって、これら2モデルは同じミッドレンジでも異なるシリーズに属する機種、という可能性もありそうです。

コメント