【世界最安値】約3万円の激安5Gスマホ、Xiaomi Redmi K30がリリースへ

先日国内デビューで、Xiaomi Mi Note 10/10 Proのリリースを発表したシャオミ(小米)。

同社がミッドレンジのRedmiシリーズに属する新型モデルを発表しました。

以前よりリーク情報が頻繁にでていたRedmi K30というモデル。

4Gモデルと5Gモデルが存在し、それぞれにメモリとストレージの異なる4つのバリエーションが存在。

Redmi K30 4G/5Gのスペック

スペックRedmi K30 5G / Redmi K30 4G
サイズ165.3 x 76.6 x 8.79 mm
重量208g
ディスプレイ6.67インチ、FHD+ (2400 x 1080) LCD
120Hzリフレッシュレート
Corning Gorilla Glass 5
HDR 10対応
CPU5Gモデル:
Snapdragon 765G:4Gモデル:
Snapdragon 730G
RAMとストレージ・6GB LPDDR4X + 64GB UFS 2.1
・6GB + 128GB
・8GB + 128GB
・8GB + 256GB
microSD対応
バッテリー容量4500mAh
充電5G — 30W
4G — 27W
リアカメラ・64MP Sony IMX686センサー、 f/1.9, 1/1.7″、0.8μm
8MP 120° 広角、f/2.2
・2MP、f/2.4、深度センサー
・5G — 5MP, Macro, f/2.4
・4G — 2MP, Macro, f/2.4
フロントカメラメイン: 20MP
セカンダリー: 2MP深度センサー
その他3.5mmイヤフォンジャックあり
NFC
Android OSAndroid 10 (MIUI 11)

Redmi K30 4G/5Gの価格一覧

Redmi K30 4GRedmi K30 5G
6GB + 64GBCNY 1599 (約2.5万円)CNY 1999 (約3.1万円)
6GB + 128GBCNY 1699 (約2.6万円)CNY 2299 (約3.6万円)
8GB + 128GBCNY 1899 (約2.9万円)CNY 2599 (約4万円)
8GB + 256GBCNY 2199 (約3.4万円)CNY 2899 (約4.4万円)

5Gモデルは最新のミッドレンジ向けチップ、SD765Gを搭載して価格はなんと約3.1万円

この価格で5G通信対応モデル、というのは少なくともグロバルに展開されているメジャーメーカーのモデルでは存在せず、世界最安5Gスマホ、ということになります。

これ、SD730搭載の4Gモデルの価格としてもすでにかなり割安感がありますが、なんとその4Gモデルは2.5万円から。

定価では国内で人気、SD630搭載のAQUOS sense3よりも安いということになります。

どうやったらSD730/SD765SD搭載で6GB RAMの機種を2~3万円で販売できるのかさっぱりわかりません。

Xiaomiは今のところ国内ではミッドレンジを中心に展開するといったニュアンスの方向性をしめしているので、このRedmi K30が日本上陸という可能性も十分にあるともいます。

まだ5Gサービス自体、ほとんど実用レベルに達していないのにも関わらずすでに5Gスマートフォンでは価格破壊が始まっているようですね。

この感じだと、1~2年後、5G回線が普及するころには5Gスマホの「プレミアム」価格というのはなくなっているかもしれません。

おすすめ記事:Huawei P40 Proのスペックがリーク、最大の進化は劣化なし、超高速充電の5500mAh「グラフェンバッテリー」