iOS13.1.3アップデート、通信回線の切断不具合は修正されず(アンケートあり)

先ほどリリースされた最新iOSバージョン、iOS 13.1.3

複数のバグ・不具合修正が含まれていますが、多くのユーザーにとっておそらく一番気になるのはiOS 13もしくはiPhone 11シリーズの発売直後から発生している通信不具合問題。

主に移動中などに突然モバイルデータ通信ができなくなり圏外に。そして4Gの圏内に電波が戻っても通信ができないという症状で、当サイトでもこの件については何度か取り上げています。

また、この不具合についてのアンケートでは、回答数が3000件をゆうに超え、いかに広範囲で発生している問題かが良く分かります。

ちなみにこの回線切断・通信不具合、回線ではMVNOを含むドコモ回線での発生報告が多く、機種ではiPhone 11 ProおよびiPhone Pro Maxが全体の8割以上を占めています。

ただ、まだリリース間もないので結論はだせませんが、今のところの報告を見ている限り残念ながら今回のiOS 13.1.3アップデートでもこの通信不具合については修正されていない模様です。

また、これだけ広範囲な不具合であれば普通は修正されているのであれば、リリースノートにその旨が記載されているはずですが、今回のものにはこの通信不具合に関する記述は皆無。

Twitterや価格.com、5ちゃんねるなどでの報告をみていると、どうやらこの問題はAppleが現在原因の調査を行っているもののまだはっきりとしたことが分からず場合によっては改善まで時間がかかる可能性がある、といった対応をうけたとの報告もあります。

これ、ハンドオーバーが上手くいっていないことが一因ともいわれており、当初はソフト的な不具合の可能性が高いと思っていました。が、ここまで時間がかかるということは、ひょっとするとモデム回り?と特定バンドの相性でハード的な原因という可能性もありそうですね。

ちなみにiOS13アップデート後から発生しているSafariのページ読み込み不具合。
具体的にはSafariで一部のページを表示しようとすると画面が真っ白で読み込まない、という問題で、この問題についてもどうやら今回のiOS13.1.3では未修正の模様です。