ZTE、世界初の”デュアルノッチ”スマホ、ZTE Icebergをリリースへ

ZTEの最近のモデルといえばデュアル・スクリーン搭載の変態スマホ「Axon M」。

実際の売れ行きという意味ではかなり不調な模様ですが(国内では使っている人を見かけたことすらありません・・・)、このAxon Mほどではないものの、ZTEがまたちょっと風変わりなスマホを開発していることが判明していました。

IFデザインのサイト上に掲載されていたもので、スクリーンの上下両方に切り欠き(ノッチ)があるスマホ初のデュアル・ノッチ仕様。

上部の切り欠きにはカメラやセンサー、そしてスピーカーを搭載、下部にはおそらくスピーカーのみとなっているようです。

また、この機種はボディ全体がガラス製で端末四隅もスケルトンのガラスが使われているのが分かります。

このフルガラス仕様が”Iceberg”(氷山)という機種名の由縁だとは思いますが、これ、落としたらかなり簡単に割れてしまいそうですね。

ちなみにこのIceberg、実際のリリースは”After 2018”とのことなので、リリースは来年になるのかもしれません。