ZTE AXON 7sはデュアルカメラ搭載、RAMは6GBに、バッテリーも増量、AXON 7から大幅アップグレード

ZTEの最新フラッグシップモデル、AXON 7s。

名前のの通り、AXON 7のアップグレード版という位置付けで、そのの存在はすでに1週間ほど前からリークされており、CPUがAXON 7のSnapdragon 820からSnapdragon 821にアップグレードされることも判明していました。

ただこのAXON 7s、アップグレードされるのはCPUだけではないようで、その他のスペック面でも大幅なアップグレードがされているようです。

201704241542

201704241543

201704241541

まず、AXON 7でシングルレンズだったメインカメラはデュアル・レンズ搭載に。AXON 7に搭載の20MPセンサーに加え、ソニーの12MPセンサー、IMX368も搭載されるとのことです。

アップグレード版でカメラがシングル→デュアルになるというのは珍しいですね。

さらにメモリーも4GB→6GBに増量され、バッテリー容量も3,250mAhから3,400mAhへと若干ながら増える模様。

なお、価格についてはおそらくAXON 7の128GBモデルから据え置きになる可能性が高いとのこと。

CPUのアップグレードはそれほど魅力的には感じませんが、カメラがデュアルになって更にRAMとバッテリーも増量、というのはかなり惹かれますね。

AXON 7は正直日本ではあまり人気はでなかったようですが、同じ価格でこのAXON 7sを出せばそこそこ売れるような気もします。

ソース