「S820はキュウリ並に冷たい」などと供述をしており。。。クアルコム、S820の発熱容疑を否定。

201510291027

Xperia Z6などといった来年発売予定のフラッグシップ機種に搭載されることが予想されている、Qualcommの次期チップ「Snapdragon 820」。

先日、このスナドラ820についてもS810同様に発熱問題を抱えており、製造担当のサムスンがヒートパイプの搭載を検討している、という件についてお伝えしました

しかし、Qualcommがこの度、この一連のS820の発熱問題を否定するコメントを出したようです。

Pocketnowが中国のソーシャルメディア「weibo」上にクアルコム公式アカウントが投稿した内容を伝えたもの。

これによると、クアルコムは:

S820の発熱の噂は間違いで、内部テストでキュウリ並みに冷たく動作する。

と反論したようです。

なぜにキュウリ?といった感じですが、「as cool as cucumber」は英語の慣用表現で「特に難しい状況下などで、落ち着き払ってコントロールできている」といったニュアンスがあるようです。

原文の中国語でどういった表現をされていたのかは不明ですが、つまりはSnapdragon 820では発熱問題は克服されており問題無いですよ、ということを言いたいのは間違いないと思います。

ただ、この英語の表現の「難しい状況下」が発熱問題だとすると、やはり、「発熱対策に苦心し、なんとかコントロールした」とも受け取れるような気がします。

S810で疑心暗鬼になって湾曲解釈をしているだけだと良いのですが。