Xperia Z5 Compactのバッテリー持ち、Z5との比較で実使用で8時間の差

11月13日が発売日として確定したドコモのXperia Z5 Compact SO-02H。

4インチクラスのXperiaファンは依然として多く、そういったユーザーにとってはこのZ5Cはかなり魅力的なようですね。

さて、そんなSO-02Hの気になるバッテリー持ち、「実使用時間」が明らかになりました。

201511091023

「実使用時間」は確かつい最近まで「未定」となっていましたが、本日の発売日発表とともに公表されたようです。

以下がこのZ5 Compact SO-02Hをバッテリー持ちとバッテリー容量でZ5 SO-01H、Z3 SO-01G、Z3 SO-02Gと比較したもの。

実使用時間連続待受
(LTE)
連続通話
(LTE)
バッテリー容量
Xperia Z5 SO-01H77.4時間410時間1160分2900mAh
Xperia Z5 Compact SO-02H85.6時間400時間1080分2700mAh
Xperia Z3 SO-01G81.0時間640時間1080分3100mAh
Xperia Z3 Compact SO-02G78.3時間650時間990分2600mAh

まず最初に目につくのはZ5 Compactの実使用時間がZ5に比べ約8時間も長い、という点。

Z3 vs Z3CではZ3の方がバッテリー持ちが良かったので、これがZ5 vs Z5Cでは逆転しているということになります。

それもそのはず、Z3 vs Z3Cではバッテリー持ちに2割程度差があるのに対し、Z5 vs Z5 Compactではその差は1割以下

やはり、このバッテリー容量の「差の差」が電池持ちの「差の差」になっていると考えるのが妥当だと思います。

また、Zシリーズの最初のコンパクトモデル、Xperia Z1 f SO-02Fでも実使用時間は83.6時間だったので、Z5CはZのコンパクトシリーズ史上、最高の電池持ち、と言えます。

ちなみにスペック上ではZ5の実使用時間での電池持ちはZ3から数時間減っていますが、Z5 Compactのバッテリー持ちはZ3 Compactよりも1割程度長くなっています

Z5 Compactは発熱・異常電池消費問題を抱えていると言われるS810搭載ですが、それでも前モデルよりもバッテリーライフを伸ばした、というのちょっと意外でした。

もちろんこれはあくまでスペック上の理論値。

実際の仕様でこれだけの差が出るかは不明ですが、相対比としてXperia Z5よりは「電池持ちが悪い」という評価は少なくなりそうですね。