Xperia Z5シリーズでカメラボケ不具合、やはり「カメラ機能不良」が原因。カメラ部品交換で改善との報告

201512111256

Xperia Z5シリーズ共通の不具合として話題になっているカメラのピンボケ、あるいはブレ問題。

撮影した画像の一部(特に左端)だけがピントが合わず、ボヤけたりぶれたりするという症状で、海外では訴訟問題にまで発展しつつあります。

そんななk,同様の問題で困っているユーザーにとっては非常に有用な情報がでてきました。

価格.comに投稿されていたもので、このユーザーさん、以前よりこのカメラボケ問題に悩まされており、修理を依頼。

はっきりと「カメラ機能不良を確認しました」「カメラ部品を交換しました」と記述されています。

つまり、この画像がフェイクでない限り、一連の画像の一部分だけがボヤケる・ブレるという症状はカメラ部品(おそらくレンズ)の不良であるということが確認された、とも言えると思います。

そ言えば先日、ソニーの内部向け文書で、カメラ関連の不具合報告についてはモジュールを交換するようにという指示が出されたという報告もありました。

対応としては今回の件と一致しているので、ひょっとするとソニモバ側もようやくレンズ周りの不良の原因を突き止めたのかもしれませんね。

なお、この一連のカメラボケ問題、日常的に人物など、比較的近い被写体を撮影する場合はあまり気になりませんが、風景などだと結構症状が顕著に出るような気がします。

よって、使い方によっても症状に対する感じ方が大きくことなるようですね。