Xperia Z5のカメラボケ・ブレ不具合が進展? 後退? ソニー「初めての返品事例」「東京オフィスに送り調査」

201511200840

Xperia Z5、Z5 Compactで報告が挙がっているカメラのボケ・ブレ問題。

具体的には、Z5/Z5 Compactで撮影した写真の左上付近の焦点が合わずボヤケる、あるいはブレたようになるという症状。

この問題、当サイトでも何度か取り上げてきましたが、公式フォーラムではすでに30ページ近くに渡って症状の報告や検証が続いており、今回ちょっとした進展があったようです。

CerberusScoというユーザーの報告によるもので、このユーザー、端末を修理?返品?のため発送。

同時に英ソニーのマーケティング・ディレクターのメールアドレスを自力でみつけ、この問題についての説明を要求。

そして、担当者から電話連絡を受けたものの、その返答を要約すると:

・返品された端末でブレの症状が再現できなかった。

・その端末がカメラボケ問題で「初めて」ソニーに返品された端末とのこと。

・さらに詳しく調査するため「東京オフィス」に端末を送る

ブレ問題で修理・返却された端末が「初めて」というのは事実なんでしょうか。

事実だとしたら、ほとんどの事例がソニモバまで届いていないということになります。

一方、ここで言う「東京オフィス」というのはおそらく東京本社のことだと思われますが、そうだとすれば、少なくともソニー側もちょっとは問題の深刻さを認識し始めたのかもしれませんね。

進展しているのか後退しているのか、良くわからない状況ですが、ちなみにこの症状、同じカメラセンサーを搭載している後発のXperia Z5 Premiumでの報告例は「今のところ」ゼロ

また、Z5・Z5Cの発売がヨーロッパよりも1ヶ月程度遅かった国内でも発生例はあるものの、発生範囲は狭いという印象を受けます。

これらのことから、Z5・Z5Cの一部初期ロットでなんらかのハード的な問題があり、すでにコソッと修正されている可能性もありますね。

確かのこの問題は個体差が多く、まったく症状の出ていない個体があるのも事実だと思いますが、症状を訴えているユーザーが非常に多いのも事実。

原因がなんにせよ、ソニーからの公式な見解・説明はほしいですね。