Xperia Z5シリーズで発生している通話・オーディオ周りの不具合まとめ。通話相手の声が聞こえない・エコーするなど

201511241720

ソニーの最新フラッグシップ、Xperia Z5、Z5 Compact、Z5 Premium。

注目度が非常に高い一方で、いろいろな不具合が報告されていますが、その一つがオーディオ・音声通話関連の不具合。

ただ「オーディオ・通話周り」の問題だけでも国内外で複数の症状が報告されており、ちょっとここでいったんまとめてみます。

Xperia Z5、Z5P、Z5Cのオーディオ・通話関連不具合

・イヤフォン・ヘッドフォンを挿してもスピーカから音が出続ける

ヘッドフォンやイヤフォンを挿してもスピーカーから音が出続ける、という症状。
(ヘッドフォンからも同時に音は出る模様)

ソニーの公式フォラムではBluetooth有線のどちらでも発生するとの報告が挙がっています。

ただ、Bluetooth機器で発生するということは、少なくとも接触不良などといったハード的な問題でないことは確かだと思われます。

・下部スピーカーからの音が上部スピーカーからの音に比べて極端に小さい

以前もお伝えしたこの症状、国内でもZ5、Z5C、Z5Pの全ての機種で報告が見られます。

公式フォラムに投稿されていたソニー側からの返答だと、これは「スマート・アンプリファイア・キャリブレーション」という端末を再起動する度に動作するキャリブレーションによるものだとのこと。

45分ほどでキャリブレーションが完了し、ボリュームバランスは正常になるとのことで、つまり、現時点では「仕様」という認識のようです。

・通話時に通話相手の声が聴こえない

同時に発売されたヘッドセット(MDR-NC750)など、ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンを使用した際に発生。

ただ、ヘッドセットを使用しての通話は問題なく、ヘッドセットを抜いた「後」にスピーカーから相手の音声がでなくなる、というもの。

現状では、Z5側のノイズキャンセリング機能に何らかのバグがある可能性が濃厚なようです。

価格.comなどでも複数の報告が挙がっており、ほぼ確実にソフト的なバグですが、一部ではZ4での報告例もあるようです。

・通話時に通話相手に声が届かない

上記とは逆の例。

何らかのバグでマイクが音声を拾っていないのが原因なようですが、発生条件などについては不明。

ただ、Xperia Z4でも同様の症状が複数出ていることから、Xperiaシリーズのファームウェアレベルので不具合かもしれません。

・イヤホン・ヘッドホン使用時にノイズが乗る

国内ではZ5の直後から散見される症状

特に低音量時にノイズが大きく、ボリュームを上げると徐々に消えていくという症状。

ただ、続い言う「サー」というホワイトノイズではなく、「ジジジッ」といったかなり顕著な雑音なようです。

今のところ、改善策などはなく、先日ドコモ、au版に提供された最新のアップデートでも未改善とのことです。

・通話相手の声が通話相手にこだまする

通話相手の声がその相手の端末にフィードバックしてしまうという「やまびこ」のような現象。

Z5側のマイクが相手の声を拾ってしまっている可能性が高いようですが、はっきりとした原因や改善方法などは見つかっていません。

ただ、この症状は今のところ、海外からの報告がほとんどなので、ひょっとすると一部のキャリア依存の問題である可能性もあります。

以上ですが、うーん、Xperiaは以前よりオーディオ周りの小さなバグが多いという印象がありますが、今回のZ5シリーズはいつもにも増して、というような気がします。

特に通話周りに関しては、上記の不具合が重なると、回線はつながっているのにまったく会話ができない、という場合もある模様。

ただ、どれもほぼ確実にソフト的な不具合っぽいのでアップデートで改善可能な問題だと思われます。

ソニー(キャリアも)には迅速な対応・修正を期待したいですね。