Xperia Z5のカメラピンボケ不具合、レンズ・センサーのズレが濃厚?「落としたら直った」との報告。

201511131056

Xperia Z5やXperia Z5 Compactの一部ユーザーより報告挙がっているカメラのピンボケ不具合。

具体的にが、撮影した画像の左側だけで焦点が合わずピンぼけするという症状ですが、国内でも複数の報告を見かけます。

この問題、ソフト起因なのかハード起因なのかという点についてはまだ不明で、国内外で多くのユーザーが不満を持っている模様。

そんなZ5、Z5 Compactのピンボケ問題について、興味深い、というかちょっと笑ってしまう説が浮上しました。

XDAに投稿されていたもの。

あまり英語が得意でないユーザーなので(人のことは言えませんが・・・)、ちょっと分かりにくい文章なのですが、要約すると:

・このユーザーのXperia Z5は以前からカメラで撮影した画像の左側がピンぼけするという症状がでていた。

・ところが、端末をうっかり落としてしまったところ、このボヤけが改善した。

ということだと思います。

以下がこのユーザーが投稿した落下前と後の比較写真

落下前① (普通に横に持って撮影した場合)
DSC_7174

落下前② (180°逆に持って撮影した画像を後で反転)
DSC_7173

落下後
DSC_7182

「完治」はしていないようですが、確かにボヤけの度合いは少なくなっているような気がします。

つまり、このユーザーの言いたいことは、一連のピンボケの原因はカメラのレンズあるいはセンサーがズレ。そして、落下アクシデントにより「たまたま」そのズレが修正された、ということだと思います。

もちろん、衝撃を与えれば悪化する可能性も十分あるので決してマネはしない方が良いとは思いますが、事実だとしたら一連のピンボケ不具合の原因がハード起因であるということになります。

ちなみにこの件、公式フォラムでもソニーからは「調査中」という返答以外、公式な見解は示されていません。