Xperia Z5、Z5 Compcactのカメラピンボケ問題、公式フォーラムでお粗末「工作員」出現?

201511221649

ソニーの最新フラッグシップ、Xperia Z5とXperia Z5 Compactの複数ユーザーから方向の挙がっているカメラのピンボケ・ブレ問題。

いまだにソフト的な問題なのかハード的な問題なのかの原因も明らかになっていませんが、ソニーの海外公式フォーラムでは30ページ以上に渡って症状の報告が続いています。

ところが今回、この「有名」スレッドにちょっと「風変わり」なユーザーが登場しました。

東京の新宿のビッグカメラでXperia Z5 Compactを発売日に購入したというこのユーザー。

ボヤけ問題が発生していないという「証拠」として同機で撮影したという複数の写真を投稿。

201511221639

この他にも「友達のZ5Cで撮った」という写真もいくつか掲載しており、確かにそれらには他のユーザーが報告しているような画面端のボケやブレは観られません。

ところが、これらの投稿画像について他のユーザーにより以下のような指摘が挙がりました:

・撮影日時が6月→Z5Cの発売は先行発売された海外でも9月後半
・焦点距離が4.9mm (Z5シリーズはすべて4.2mm)

また、モデル番号が記載されていない点など、EXIF情報に不自然な点が多数ある模様です。

Exif情報は誰でも書き換えられるものですが、これが本当にz5cで撮影されたものであれば、焦点距離などをここで意図的に書き換える意味はゼロです。

よって、このユーザーが投稿した写真はZ5シリーズのものではない可能性が濃厚。

また、このユーザー、「サムスンやLGのスマホは日本ではソニーとは比べるまでもないほどナッシング」ともコメントしており、この点も非常に不自然。

201511221647

一見、このZ5/Z5Cで発生しているピンボケ・カメラ問題を隠蔽しようとしている「工作員」っぽくも見えるのですが、それにしてはあまりにも「工作」がお粗末

バレることを見越してソニーの印象を悪くするための二重スパイならぬ「二重工作員」かもしれませんね。

まだこれらの画像が「ニセモノ」と確定したわけではありませんが、もしそうだったらマジメに症状を検証しているユーザーにとってゃホント迷惑な話です。
(というか、誰よりも一番迷惑を被るのはソニーかもしれませんね)

ちなみにこのユーザー、Googleドライブ経由の写真を掲載していますが、このアカウントが投稿者本人のものだったら、すぐに足がついてしまうような気がするのですが、どうなんでしょう。

まあ、どういった意図でこういった投稿をしたのかは分かりませんが、よほど必死で間抜けな「工作員」か、単なる暇人のどちらかですね。

コメント

  1. k より:

    ビック(Bic)な