Xperia Z5、Z5P、Z5C、Android 6.0アプデで輝度調整不具合を改善

201512081024

Xperia Z5、Z5 Premium、Z5 Compactの複数の国内外ユーザーから挙がっている輝度調整の不具合。

以前もお伝えしたとおり、この症状は:

・ディスプレイの輝度がロック解除直後に異常に明るく白っぽくなる
・輝度が画面に表示される「色」によって変化する
・暗い場所から明るい場所、明るい場所から暗い場所に移動しても自動輝度調整が作動しない

この問題について、ソニー側が初めてコメントをしました。

201512081017

簡単に言うと、「この自動輝度調整の不具合の修正はAndroid 6.0アップデートに含まれています」というもの。

ソニーがXperia Z5シリーズのAndroid 6.0シリーズへのアップデート内容について具体的なコメントをするのはこれが初めてではないでしょうか。

この情報、少なくともソニーが不具合を認識し、修正予定があるという点ではグッドニュースです。

ただ、国内キャリア版のZ5シリーズ・ユーザーにとっては微妙な情報でもあると思います。

というのもこの問題、言い方を変えれば、Xperia Z5シリーズのAndroid 6.0までは修正が見込めない、ということにもなります。

通常、OEMファームウェア・レベルで改善されていない問題がキャリアファームウェアだけで改善されるということはありません。

そして、ご存知のように国内キャリア版のOSバージョンアップは海外版から数ヶ月遅れるのが通例。

Xperia Z5シリーズのAndroid 6.0アップデートは早ければ来年1月中という噂がありますが、仮にこれが事実だったとしても、国内版Z5シリーズに6.0が提供されるのは早くとも来年春以降、遅ければ夏以降という事になります。

つまり、国内版Z5シリーズのこの不具合の改善についてもこの時期までは行われない、ということになります。