Xperia Z5のベンチスコアやバッテリー持ち、Z5 Compactに大幅に劣ることが判明。対Xperia Z4でも「微妙」

201511070942

先週ドコモ、au、ソフトバンクから発売されたXperia Z5。

そして早ければ来週中にもドコモから発売されるXperia Z5 Compact。(今のところ、13日が発売日として有力という「噂」です)

これら最新2モデルや前モデルのXperia Z4、Xperia Z3などのベンチマークスコアや電池持ち、スクリーンを詳細に比較した結果がでました。

phoneArenaが行った比較ランキングで、以下がその一部。

ディスプレイ比較:
201511070835

同じZシリーズでも一長一短といった感じで甲乙はつけがたいですね。ただ、Z5とZ5 Compactでかなり大きな最大輝度差があるのは気になります。

視野角比較:
201511070839

数字が低いほど視野角の違いによる見え方の違いが少ない、つまり視野角が広いということになるようです。
こう見ると、「コンパクト」シリーズは非常に視野角が狭いですね。

ベンチマークスコア比較:
201511070843

最も一般的なAntutuではXperia Z5 CompactがXperia Z5よりも2割近くスコアが高くなっています。

また、Z5は対Z4(Z3+)比較では全体的に若干スコアがアップしていますが、なぜかVellamo MetalではZ5の方が大幅にスコアが低くなっています。

FHDとHDという違いからGFXなど、グラフィック処理速度を重視するテストで差がでるのは当然かも知れませんが、Antutu同様にCPU、メモリ、グラフィックといった総合能力をみるテストでもかなり大きな違いが出ているのが非常に気になります

バッテリー持ち比較:
201511070903

Z5はZ5 Compactと比較して2時間半近くバッテリー持ちが悪い、ということになります。

また、Z5はZ4よりも電池持ちが良い、というのが一般的な評価ですが、ここでは僅差ながらZ5の方がZ4よりもバッテリーライフが短くなっています

Z3とZ3 Compactを比較してもその差は30分程度なので、Z5とZ5Cの場合、ディスプレイサイズ・解像度の差だけでは説明しきれない「何か」があるということでしょうか。

なんの根拠もありませんが、やはり構造的な発熱・放熱での違いがCPUのパフォーマンスやバッテリー効率に影響を与えている可能性が高い気がするのですが、どうなんでしょう?